[並び順を変更] おすすめ順│価格順 │新着順

カテゴリー別商品

【会社角印】本柘 18mm

【会社角印】本柘 18mm

柘は、適度な硬度と粘りがあり木目も非常に緻密な木材です。このため、細かい細工を施すには最適で、古くから美術彫刻の材料として、また印材として使われています。他の印材と比較すると安価ですが、耐久性が劣ります。このため認印などによく用いられます。

7,020円(税込)

【会社角印】本柘 21mm

【会社角印】本柘 21mm

柘は、適度な硬度と粘りがあり木目も非常に緻密な木材です。このため、細かい細工を施すには最適で、古くから美術彫刻の材料として、また印材として使われています。他の印材と比較すると安価ですが、耐久性が劣ります。このため認印などによく用いられます。

7,236円(税込)

【会社角印】本柘 24mm

【会社角印】本柘 24mm

柘は、適度な硬度と粘りがあり木目も非常に緻密な木材です。このため、細かい細工を施すには最適で、古くから美術彫刻の材料として、また印材として使われています。他の印材と比較すると安価ですが、耐久性が劣ります。このため認印などによく用いられます。

7,452円(税込)

【会社角印】アグニ 18mm

【会社角印】アグニ 18mm

地球環境の破壊や天然資源の枯渇を避けるために独自の技術で開発された限りなく天然に近い新素材です。北方寒冷地で産出される真樺(バーチ材)とフェノールレジン(環境にやさしい樹脂接着剤)との結合素材を高圧加熱処理することにより生み出され

8,640円(税込)

【会社角印】アグニ 21mm

【会社角印】アグニ 21mm

地球環境の破壊や天然資源の枯渇を避けるために独自の技術で開発された限りなく天然に近い新素材です。北方寒冷地で産出される真樺(バーチ材)とフェノールレジン(環境にやさしい樹脂接着剤)との結合素材を高圧加熱処理することにより生み出され

8,856円(税込)

【会社角印】アグニ 24mm

【会社角印】アグニ 24mm

地球環境の破壊や天然資源の枯渇を避けるために独自の技術で開発された限りなく天然に近い新素材です。北方寒冷地で産出される真樺(バーチ材)とフェノールレジン(環境にやさしい樹脂接着剤)との結合素材を高圧加熱処理することにより生み出され

9,072円(税込)

【会社角印】黒水牛 18mm

【会社角印】黒水牛 18mm

文字通りインドやタイなど東南アジアに生息する水牛の角です。硬く堅牢性があり、また粘りもあるため印肉のつきのよさに優れます。漆黒で深みのある光沢を持ち、その趣と印肉の朱との対比が美しく 落ち着いた雰囲気を醸し出します。

10,152円(税込)

【会社角印】黒水牛 21mm

【会社角印】黒水牛 21mm

文字通りインドやタイなど東南アジアに生息する水牛の角です。硬く堅牢性があり、また粘りもあるため印肉のつきのよさに優れます。漆黒で深みのある光沢を持ち、その趣と印肉の朱との対比が美しく 落ち着いた雰囲気を醸し出します。

10,368円(税込)

【会社角印】黒水牛 24mm

【会社角印】黒水牛 24mm

文字通りインドやタイなど東南アジアに生息する水牛の角です。硬く堅牢性があり、また粘りもあるため印肉のつきのよさに優れます。漆黒で深みのある光沢を持ち、その趣と印肉の朱との対比が美しく 落ち着いた雰囲気を醸し出します。

10,584円(税込)

【会社角印】オランダ水牛 18mm

【会社角印】オランダ水牛 18mm

白水牛は、白飴色の中に斑点縞模様がある美しい印材です。オーストラリア産の水牛の角を用います。 硬度・粘度は、黒水牛より若干ねばりがあり丈夫です。また黒水牛より白水牛の方が高級といわれています。

13,392円(税込)

【会社角印】オランダ水牛 21mm

【会社角印】オランダ水牛 21mm

白水牛は、白飴色の中に斑点縞模様がある美しい印材です。オーストラリア産の水牛の角を用います。 硬度・粘度は、黒水牛より若干ねばりがあり丈夫です。また黒水牛より白水牛の方が高級といわれています。

13,608円(税込)

【会社角印】オランダ水牛 24mm

【会社角印】オランダ水牛 24mm

白水牛は、白飴色の中に斑点縞模様がある美しい印材です。オーストラリア産の水牛の角を用います。 硬度・粘度は、黒水牛より若干ねばりがあり丈夫です。また黒水牛より白水牛の方が高級といわれています。

13,824円(税込)