書体について

・篆書体

篆書体

→点画は水平・垂直の線を基本に、円弧をなす字画はすみやかに水平線・垂直線と交差するように曲げられる。画の両端は丸められ、線はすべて同じ太さとなります。

日本最古の印鑑と云われる国宝【漢委奴国王】の金印も篆書体で作られております。
特性上文字の判読がしづらいため「実印」や「銀行印」など幅広く使われています。

・印相体(吉相体)

印相体(吉相体)

→書体の歴史は浅いのですが、判読性が低く複製も困難なため、実印や代表者印など重要な印鑑に定番の書体です。

印相体は、吉相体(きっそうたい)や八方篆書体体とも呼ばれ、開運印鑑の書体としても人気があります。
篆書体と同じく「実印」や「銀行印」など人気の書体となっております。

・隷書体

隷書体

→左右の払いで波打つような運筆(波磔)をもち、一字一字が横長であるのが主な特徴です。

国時代頃から日常に通用されていた筆記体が、秦代になって業務効率を上げるために公文書でも用いられるようになったものが、隷書だと考えられています。  認め印に多く用いられます。

 

・古印体

古印体

→古印体のルーツは大和古印と呼ばれている奈良時代の寺社印で、日本で進化した独特の印章用の書体です。程よい虫喰い、墨だまりが風雅な趣を醸し出す奥深い書体です。どっしりとした文字バランスとスッキリとした筆書きの風合いが重なった書体となっております。

・行書体

行書体

→楷書体が一画一画をきちんと書いているのに対し、行書体ではいくらかの続け書きが見られるのが特徴です。

 

楷書体ほどではないが明快に判読できることから、古代中国では公務文書や祭礼用の文書に用いられていました。
特に女性に人気があり、文字が篆刻体・印相体と比べると大変読みやすい書体です。

・楷書体

楷書体

→一画一画を続けずに、筆を離して書く、方形に近い字形です。横線は、筆の打ち込み、中間の線、筆の止めがはっきりしていることが多い。現在では漢字のもっとも基本的な字形です。

 

漢代の標準的な書体であった隷書体に代わって、南北朝から隋唐にかけて標準となった書体です。