印章について

【印章】

ハンコのことを別の言葉で「印判」「印」「判」「印章」「印鑑」と呼びますが、一般的に使われている「印鑑」とは、 ハンコを押してできた形、つまり印影のことを指します。したがって正確には「印章」「印判」と呼びます。

【実印】

契約書をはじめ不動産取引、自動車や電話の取引、遺産相続など公正証書の作成や官公庁での諸手続きに必ず必要な印章を実印といいます。あなたが居住する市区町村役場に、あらかじめ登録しなければならないので登録印とも呼ばれています。規定(「実印と印鑑登録」の項を参照)に基づいた印章を先の窓口登録すると、数日後、印鑑登録証明書が発行されます。ちなみに登録時には免許証またはパスポートを持参すれば即日発行されます。印鑑登録をして使用するので戸籍上の文字をフルネームで彫刻します。

用途

  • 公正証書の作成・金銭その他貸借証書・契約書
  • 不動産取引
  • 遺産相続
  • 法人の発起人となるとき
  • 官公庁での諸手続き・恩給・供託
  • 自動車や電話の取引
  • 保険金や補償金の受領など

【銀行印】

銀行に届出を行った印章を銀行印といいます。銀行の預金口座開設や引出しから郵便貯金、小切手・手形の作成・受け取りなど金融機関で用いる印章だけに、実印と同じように慎重に取り扱わなければなりません。ペイオフ対策として、夫婦でも姓名を入れた別の銀行印を作る例が増えています。口座が別でも同一の印章を兼用した場合、贈与税などの課税対象になる可能性が高いということがあります。自宅などに保管する時は、通帳とは別にする方が安全です。

 

【認印】

認印は郵便物や宅配の受け取りなど日常的に用いる印章です。職場でも伝票や書類の認めに頻繁に使用するために、ともすると軽く扱いがちですが、「自己の証」である事に変わりはありません。日頃から注意深く取り扱うようにして下さい。

用途

  • 家庭/書留その他配送品の受領
  • 職場/給料の受領、各種書類、伝票

【会社で必要なはんこ】

会社で必要な印として、次の4つがあります。

1:代表者印(実印)

個人の実印と同じように、企業においては代表者を法務局に登録しなければなりません。会社を設立した時や代表取締役の変更時に登記を行います。これによって、印鑑証明が発行されます。ちなみに、代表印は株式発行や会社で重要な契約を行う時に用いる印章です。登記できる印章は1〜3cm以内の正方形に納まるサイズと規定されています。

2:銀行印

会社が銀行と当座取引などを行う際に「使用印鑑届」によって届け出た印のことです。 小切手や手形の振り出しなどする時には、必ず必要となる印章です。財務全般に関わる印章であり、その重要性は代表印と同格といっても過言ではありません。使用する頻度も高く、代表印とは別に作成するのが安全です。

3:角印

社印は個人の認印に相当する印章で、通常一辺が2〜3cmの正方形のもので「○○株式会社之印」などと会社名が入った印のことです。「角印」とも言われます。
請求書、領収書などをはじめ日常業務に頻繁に使用します。特に公官庁の書類には必要性を求められます。認印である点では、他の法人印とまったく同じです。取り扱いにも注意が必要です。

4:その他の印(常用印など)

日常業務で頻繁に使うため、代表者印や銀行印とは別に常用印を用意しておくと便利です。

夫婦印

夫婦おそろいの印材と書体でペアの実印セット。
ご結婚のお祝いに差し上げると喜ばれます。

御宝印

御宝印3本セット。
卒業祝、就職祝、成人祝のプレゼントにいかがでしょうか。

【重要書類には印鑑登録証明が必要】

印鑑証明とは、必要書類に捺印されたものが間違いなく本人のものであるか確かめること、さらに本人が必要書類の作成者であるかを確かめるもので、主に不動産の登記事務や公正証書の作成には印鑑証明が義務づけられており、重要な書類の作製には切っても切れないものです。

印鑑を登録するには

  1. その市町村に居住していること。(住民基本台帳に登録)
  2. 登録の申請は直接本人が印鑑を持参してすること。(本人が病気その他の理由で自ら出来ない時は、その理由を証明する書類と委任状を出せば代理人でも申請できます。)
  3. 登録印章の規格は、直径8mm以上、25mm以内におさまるものであること。(各市町村の条例による)