印鑑のお手入れと保管方法

印鑑は温度差の激しいところや極端な湿気、乾燥、直射日光や風通しのあるところを避けて保管しましょう。 金庫のような密閉されたところに保管するのであれば乾燥剤を入れて調節すると持ちが良くなります。

木材エコ印鑑のお手入れ方法

ご使用の度に柔らかい布などで、印面に残った朱肉を軽くふき取るのが望ましいです。特に柘は朱肉に含まれている油質が、長年使っていますと染み込んで、枠などの部分がもろくなります。押印のあと朱肉を拭き取る等こまめなお手入れが、印章を長持ちさせる秘訣です。 弊社の印鑑は全て手仕上げにより枠を上手にお彫りしますのでより長持ちいたします。

黒水牛のお手入れ方法

天然の素材ですので、太陽光や照明の下に長時間あたりますと乾燥してヒビが入ることがあります。印章ケースに入れて大切に保管してください。

 

シープホーンのお手入れ方法

シープホーン(羊の角)の成分はタンパク質ですので、裸で置いておくと虫に食われる事があります。必ず印章ケースに入れて保管してください。

オランダ水牛のお手入れ方法

年に1度(特に冬場)、オリーブオイルや菜種油などの天然オイルを、印面に1、2滴落として軽く拭き取って保管していただければ何も問題ございません。

琥珀のお手入れ方法

落とした場合に割れたり欠けたりしやすいので、必ず印章ケースに入れて保管して下さい。また火には弱いのでご注意ください。

本象牙のお手入れ方法

象牙は、正倉院に今でも残っているぐらい変色せず、古来よりサンゴ、鼈甲と並ぶ自然の与えた貴重な財産として愛用されてきました。大切に保存することにより一生お使いいただける印材です。